歌と毎日 詩う毎日

なんてことない毎日を、たまに切り撮り、音楽とともに記録できたら。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

私の人生の主旋律を奏でるのは 他でもない私だ。 

寒い、寒い夜です。
長らくご無沙汰だったこの日記。
可動させたい事だけは確かなの。

さて。

私からは見えない【あなた】は元気ですか?会いたいわ、いつだって本当に。
私は、抜けるはずのトンネルが、やたら長くて。
ちょいちょいブレスするんだけど、また潜っては、深く・・・深く・・・・。

・・・・・・・・・・。

何が言いたいってね、ギターを頑張っているのだ。


【悲しかった気持ち】が見たいのよ。
その、【こーーーーーーんなに悲しかった気持ちの時間】が、何をなし得るぐらいすごかったかって。

どうしようもない悲しみを抱いてしまった人や、辛い現状にいる人に言いたい。
無心にコツコツ積み重ねる事をするべき。
どうせ辛く悲しい現実。
どれだけ悲しかったか後で知りたくない?

私は知りたい。

私のどうにもできない【悲しみ期間】は、乏しくともメロディーや和音を奏でるまでになった。
そのくらい私の【悲しみ】にはパワーがあった。
何も出来ない憧れだけのギターが弾けるようになったんだ!!!

これって凄い!!!

だんだん悲しかった原因が頭からいないくなる。
寄せては返す波のように。

行っては来たり。
そのうち眠くなって、波の音さえも聞こえなくなる。
そんな気がする。

悲しくたっていいんだ。
そんなもんだ。心が正常に悲しみを感じられているんだ。
辛くたっていいんだ。
人生、だいたいそんなもんだ。

これまでだってあったじゃないか。
これまでだって、立ち直ってきたじゃないいか。
そうして積み重ねてきたじゃないか。


2年前、辛くて死んでしまいたかった私に言いたい。
「2年後は、もう泣いてないよ!だから大丈夫。あなたの出した結論は正しい。
その調子で、のんびりのんびりね。もうちょっと、もうちょっと。大丈夫、大丈夫!」と、いって肩をさすって
いつまでも横に座っていてあげたい。






スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

歩き出したオブジェ 

ギターをきちんと初めて3か月が経つ。

すこぶるたのしい。

その昔教えてもらった、音叉によるハーモニクスでのチューニングが 辛くて辛くて
それは辛くて。(笑)
ギターを始める段階で毎度心が折れて。
くじけるから弾かなくなって、それはいつしか我が家のインテリアオブジェへと役割を変えていった。

そのオブジェに息が吹き込まれ出したのだ!!


今は便利な小型機械があるんだね。
それをギターにピョコリと挟んで、弦をビーンと鳴らすだけで
その機械が勝手に高いだの低いだの判断してくれるんだ。

たのしい。

先生は、「毎日チューニングだけでもして下さいね~。」とだけしか言わない。
きっと分ってらっしゃるんだ。
チューニングがあったギターを、弾かずにはいられないと言うことを。(笑)


御多分に漏れず、me too!!


辛いことが多かった今年度。
悪い事ばかりが続かないのも人生。きっともうすぐ納まる。
あまりに辛すぎる状況から脱するために始めたギター。
音楽がやっぱり癒してくれたよ。


まだ完全復活とまでは行かないけれど、Take it easy...


感謝だなぁ・・。







trackback: -- | comment: -- | edit

on your side 

二度目の青春時代だったとも思えるあの頃。
私には大切な友人達がいた。

その友達の7割は不器用で。
それぞれの喜怒哀楽の出番は平等にあって、とにかくパワフルに過ごしていた。
無かったのは責任とお金で、あとは なんでもあった気がする。

思えば、貴重な時間だったナ。
恵まれた人間関係を培えた事に乾杯!!

今日、当時の大切な友の一人の夢が叶った事を知った。
何だかこみ上げてくるものがある。


心から おめでとう!!

人の人生に関われるって、どうあれすごい事なんだなって、改めて思うのです。



When you're weary, feeling small
When tears are in your eyes,
I will dry them all

I'm on your side
When times get rough
And friends just can't be found
Like a bridge over troubled water
I will lay me down
Like a bridge over troubled water
I will lay me down


心に住める。

きっとあなたも私のどこかに。
私も、きっと誰かのどこかに。



trackback: -- | comment: -- | edit

夜を旅する 

こげ茶色が好きです。

深緑と、青緑も。


何も考えたくない夜は、長いようで短くて。
あっという間に日付を超えてしまいました。

好きな色と、好きな音楽をひとつひとつ数えては、時を費やし。
あぁ、こんな色もあるんだ。色の和名って素敵!なんて思ったり。



こんな風に弾けたらな~。なんてうっとりしたり。
でも、うっとりしてるだけじゃないのさ。頑張って練習してるんだ。
いつかきっと。続けていたら良い事あるさ。

継続は力なんだ。

それにしても、動画の人のギターの4,5,6弦の色が白いなぁ・・・・。
私のギターに張ってある弦よりも、うんと白い。
・・・・。去年の暮れに張り替えたのに、もう汚れちゃったのかしら。
弦を張り替えるサイクルって、みんなどうなんでしょうね。


何も考えなくない!と、思いつつもやっぱりアレコ考えてしまうね。
いっそ、セレナーデ。







似てるよね、ビートルズのこれ↓と。【ティル・ゼア・ワズ・ユー】 ビートルズの中で一番のお気に入り。




・・・・・・・。

陽水さんの曲で、思い出した。
銀座行って、お醤油買わなくちゃな~。

知ってる?【山田の醤油】とっても美味しいのよ。
歌舞伎座前にある、岩手のアンテナショップで売っているの。

43824170.jpg

ネットで買ったっていいのだけれど。
そんなことでもないと、銀座へ行かないもの。
銀座界隈を散歩。それも一つの楽しみ。


さ!何だか 気分よく寝られそうだわ。よかった、よかった。

trackback: -- | comment: -- | edit

Comforting time 

20160121_3.jpg


誕生日におねだりしたのは、ギターケースとこのCD。
あ~。部屋中に広がるまろやかなギターの音色。

Joe Pass 最高!




はぁ~~ うっとり

 

trackback: -- | comment: -- | edit

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。